胸脱毛の注意点

体毛の濃い人にとって、脱毛の悩みは尽きることがありません。そして中にはデリケートなバスとエリアのムダ毛の処理に悩む人もいるかもしれません。ここではそんなデリケートな胸脱毛の注意点などや方法について見て行きましょう。

まず、バスとエリアのお肌は敏感な傾向にあり、人によっては薬局で売っているような薬剤による脱毛は、時としてアレルギー症状を引き起こしかねません。また、脱毛のための器具なども、肌を傷つけないためにも細心の注意を払う必要があり、もしこれらの器具を使いこなせる自信が無い場合などには、器具の使用を控えたほうが無難でしょう。そしてもちろんカミソリなどを使用すると、ムダ毛が後からよけいに濃くなる可能性があります。

一番肌を傷つけずに脱毛出来る方法として、一番確実なものは毛抜などで丁寧に一つ一つの毛を処理する方法があります。この方法であれば、後から生えてくる毛も目立つこと無く綺麗に毛を処理することが可能です。しかし、もしバスとエリアの毛が多い場合などには、この方法ですと気が遠くなるような時間がかかってしまう可能性があります。

ですので、もしあなたがバスとエリアのムダ毛の処理に悩んでいて、確実な処理を行いたいのであれば、エステサロン等で処理するのが一番良いといえるでしょう。

胸のおすすめの脱毛法

胸の脱毛法でおすすめなのは、光脱毛です。IPL脱毛・プラズマ脱毛・フラッシュ脱毛と様々な種類がありますが、どれもメラニン色素に反応する特殊な光を使い、毛根にある毛母細胞の再生組織にダメージを与える光脱毛の方法です。再生をストップさせますので、その後のムダ毛のお手入れに手間がかからず、とても便利です。

光脱毛の最大のメリットは、痛みのなさです。通常は再生組織にダメージを与える際に強い刺激を伴います。しかし、光脱毛なら温かく感じる程度のケースもあり、痛みに弱い人でも安心です。その上、周辺皮膚に影響を与えることなくムダ毛を処理することができ、敏感肌やアレルギー肌の人でも施術を受けられる可能性が高い方法です。

とても肌に優しいので、デリケートな部分にも最適です。瞬時に照射と休止を繰り返すタイプの施術なら、肌の表面温度を全く上げることなく、ムダ毛の再生組織にだけダメージを与えることができます。

脱毛後、すぐに通常の生活を送ることができますし、美肌効果も得ることができます。デリケートな部位は、肌への負担が強い方法を選んでしまうとトラブルを起こしてしまうことがありますので、光脱毛のように優しい方法が適しています。

胸の毛の特徴

胸という部位はホルモンの作用が極めて強くあらわれる傾向にあります。それゆえ男性ホルモンが優位となると毛質は太く、縮れたものとなって密集することになります。女性の場合には産毛タイプの生え方が多いものの、人によってはかなり密集してしつこく残ってしまうものも少なくありません。

また男性の場合は身体全体の中でもかなりホルモンの影響が色濃く反映される場所で、人によって個人差はあるものの広い領域にわたって高密度で生える特徴を持ちます。

このような特徴を持つ部位ですので、エステやクリニックで施術を受ける場合にはレーザーやフラッシュを用いて広い範囲に効率よく照射を行うタイプのものが適切と言えるようです。男性であれ女性であれ、こうして毛根部分にダメージを与えることによってその構造を弱らせて自ずと抜け落ちていくようになります。

とはいえ、サイクルによっては退行期や休止期に入っているものも少なくありませんので、しっかり施術を行って払拭したとしても、しばらくすると眠っていた細胞が起き出して分裂をはじめ、またすぐに生え揃ってしまうことになりかねません。そうした点に気をつけて、成長サイクルに合わせて2、3ヶ月おきに施術を重ねていくことが求められるでしょう。

胸の脱毛

乳輪や胸の周囲に余分なムダ毛が生えていることがありますが、女性にそんなものがあると格好悪いので、綺麗に処理しておく必要があります。
毛抜きで抜いたり、カミソリを使ってムダ毛を処理することも出来ますが、しばらくするとまた生えてくるので、何度でも同じことをしなければなりません。

自己処理はどの方法を使っても、敏感肌の人にとってはかなりの負担になるため、これまで一度でも赤く腫れたり、湿疹が出来たことがある方は、ムダ毛処理の専門家に任せることをおすすめします。
エステサロンに行くと、光照射によって脱毛できるマシンがあるので、専門家がそれを使えば、肌を傷つけることなく、ムダ毛だけを取り除いて、すべすべにすることが出来ます。

このマシンは肌に優しい設計なので、あとで湿疹が出来たり、かぶれる心配もありませんし、施術前にお肌を保護するジェルやローションを塗ってから始めるので、施術後はうるおいたっぷりの美肌になれます。
それに一度すべすべになった肌には、なかなか毛が生えて来なくなるため、面倒な自己処理とは違い、頻繁に繰り返さなくてもよいのが嬉しいですね。

女性のみならず、男性のムダ毛も綺麗になくせるので、毛深いことで悩んでいる方はサロンに相談に行くようにしましょう。

Vライン脱毛のメリット

Vラインは裸になると他人の目に触れる部分ですから、最近ではケアをする人が多くなっています。処理しないで生えっぱなしにしておくのは、異性だけではなく同姓にも恥ずかしい思いをすることになります。

Vライン脱毛では好みの形にデザインすることが可能ですから、体型や目的に合わせて最適なデザインにすることが可能です。Vラインは毛が太く毛の量も多いため、自己処理を行うにはケアに手間がかかる煩わしさがありますが、サロンやクリニックの脱毛を受ければ自己処理が不要となるのです。

処理を忘れて水着になれなかったと言う事もなくなりますので、常にアンダーヘアを気にしない生活が送れるメリットがあるのです。下着や水着から毛がはみ出ることもなくなりますので、デザインの良い水着や下着を着ることができるようになります。

Vラインは他の部位よりも施術完了までにかかる期間や回数が多くなってしまいますが、完全に脱毛が終わればほとんど毛が生えてこない環境を作ることが可能です。毛の量が多いと蒸れが起こりやすくなるため不衛生になりがちですが、脱毛が完了すればデリケートゾーンを衛生的に保てるメリットがあるのです。衛生的になれば群ればかりではなく、臭いの悩みも解消できるのです。

Vライン脱毛の注意点

大胆なデザインの下着や水着が増えおしゃれを楽しむ女性が増えたので、デリケートゾーン脱毛のニーズが多くなりました。
デリケートゾーンで一番ムダ毛が目立ちやすいのがVラインです。
まずはVラインから脱毛施術を受けてみるという人が多いのです。

デリケートゾーンの脱毛は恥ずかしさで抵抗のある人が多いのですが、股の部分であるIラインやお尻部分のOラインよりもまだ抵抗が少ないのがVラインでもあるので挑戦しやすいのです。
Vライン脱毛施術を受けるうえでの注意点は、副反応です。

デリケートゾーンは他の部位にくらべ、皮膚が薄くて敏感な場所です。そして皮膚の黒ずみ発生しやすい部位ですから、黒褐色のメラニン色素に反応する光やレーザーによって、特に刺激を受けやすくもあるのです。
他の部位に比べて痛みを感じやすく、また赤みがでたり腫れたりする危険性があります。

そして皮膚が薄いので脱毛施術後は肌が乾燥しやすいのです。普段化粧水やクリームを塗ることが少ない部位ですが、施術後のアフターケアでしっかり保湿することが大切です。
また施術後は紫外線の害を受けやすいですし、万が一副反応が起こった場合を考え、肌を露出する予定がある場合は早めに施術計画を立てることが必要です。

Vラインのおすすめの脱毛法

Vラインは、ショーツをきたときや水着を履いたときに足の付け根に生える毛のことです。
普段はお手入れはしなくても大丈夫でも、水着を着る機会があったり、彼氏ができたりすると、気になってしまうところでもあります。

Vラインは自分でも処理をすることができます。
しかし、かみそりで剃ると、いっせいに新しい毛が伸びてきてしまうため、チクチクして皮膚がかぶれてしまうことがあったり、かみそりを使い続けることで、皮膚が色素沈着を起こしたり、生える範囲が広がってしまうおそれがあります。また、毛抜きをつかって1本ずつ抜く方法もありますが、根気がいる作業であることと、やりすぎると皮膚がもりあがってしまうというおそれがあります。

そこで、おすすめの脱毛法は、エステや美容クリニックなどで永久脱毛をする方法です。
ショーツをはいたまま施術を受けることができ、自分の好みの形にしてもらうこともできます。

永久脱毛をしてしまえば、自分で処理をすることもないので、手入れがとても楽になります。かみそりや毛抜きによる弊害もなく、美肌にもなれます。そのため、水着をきてもきれいなラインが出たり、生理や汗をかいたときにも下着のなかが蒸れにくくなります。

Vラインの毛の特徴

Vラインの毛の特徴として、個人差はあるでしょうが、やはり他の部位よりも太く、生えている密度も濃く、硬い毛の場合が多いです。ワキと似ていますね。また、生えている方向もバラバラで、お手入れをしないと、なんとなくボーボーな感じになってしまいます。

近頃では、プールや海で水着になるときや、みんなで旅行にいってお風呂に入る時などを考えて、恥ずかしい思いをしないよう、アンダーヘアーのお手入れの処理をしっかりされているかたも増えてきています。たしかに、水着も安心して堂々と着れますね。

専門のサロンや医療機関で永久脱毛すれぱ、今後のお手入れがぐっと楽になります。しかし、場所が場所だけに、恥ずかしくて悩んでいるかたも多いようです。また恥ずかしいという理由ばかりでなく、人によってはかなり痛みを感じる部位だからです。恥ずかしいうえに、痛いなんて、踏んだり蹴ったりですよね。

しかし、カミソリなどで自己処理を続けていった場合、色素沈着をおこしてしまったり、ますます太くなったり、埋没してしまったりと、トラブルが増えてきます。そのトラブルが痛みの原因になっていたりしますから、デリケートな部位だからこそ、きちんとした処理とお手入れをしたいですね。