Vラインの毛の特徴

Vラインの毛の特徴として、個人差はあるでしょうが、やはり他の部位よりも太く、生えている密度も濃く、硬い毛の場合が多いです。ワキと似ていますね。また、生えている方向もバラバラで、お手入れをしないと、なんとなくボーボーな感じになってしまいます。

近頃では、プールや海で水着になるときや、みんなで旅行にいってお風呂に入る時などを考えて、恥ずかしい思いをしないよう、アンダーヘアーのお手入れの処理をしっかりされているかたも増えてきています。たしかに、水着も安心して堂々と着れますね。

専門のサロンや医療機関で永久脱毛すれぱ、今後のお手入れがぐっと楽になります。しかし、場所が場所だけに、恥ずかしくて悩んでいるかたも多いようです。また恥ずかしいという理由ばかりでなく、人によってはかなり痛みを感じる部位だからです。恥ずかしいうえに、痛いなんて、踏んだり蹴ったりですよね。

しかし、カミソリなどで自己処理を続けていった場合、色素沈着をおこしてしまったり、ますます太くなったり、埋没してしまったりと、トラブルが増えてきます。そのトラブルが痛みの原因になっていたりしますから、デリケートな部位だからこそ、きちんとした処理とお手入れをしたいですね。

コメント

コメントを受け付けておりません。