胸の毛の特徴

胸という部位はホルモンの作用が極めて強くあらわれる傾向にあります。それゆえ男性ホルモンが優位となると毛質は太く、縮れたものとなって密集することになります。女性の場合には産毛タイプの生え方が多いものの、人によってはかなり密集してしつこく残ってしまうものも少なくありません。

また男性の場合は身体全体の中でもかなりホルモンの影響が色濃く反映される場所で、人によって個人差はあるものの広い領域にわたって高密度で生える特徴を持ちます。

このような特徴を持つ部位ですので、エステやクリニックで施術を受ける場合にはレーザーやフラッシュを用いて広い範囲に効率よく照射を行うタイプのものが適切と言えるようです。男性であれ女性であれ、こうして毛根部分にダメージを与えることによってその構造を弱らせて自ずと抜け落ちていくようになります。

とはいえ、サイクルによっては退行期や休止期に入っているものも少なくありませんので、しっかり施術を行って払拭したとしても、しばらくすると眠っていた細胞が起き出して分裂をはじめ、またすぐに生え揃ってしまうことになりかねません。そうした点に気をつけて、成長サイクルに合わせて2、3ヶ月おきに施術を重ねていくことが求められるでしょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。